債務整理 費用

債務整理の種類と費用とその後

奨学金が返済できない!そんな時は債務整理で解決してみませんか?

読了までの目安時間:約 15分

 

借金問題の解決に強い法律事務所をお探しですか?

借金問題は必ず解決できます!

ですが個人で借金問題を解決するには専門知識と時間が必要になり大変困難です。
ここはやはり法律のプロである司法書士や弁護士に相談することが解決への近道です。
借金で身動きが取れなくなってしまう前に、まずはプロに相談してみませんか?

 

借金は一人で悩まず債務整理のプロに相談しましょう!

No.1の実績と高い評価! 樋口総合法律事務所

借金問題を確実に早く解決するなら樋口総合法律事務所に相談を!
アットホームな雰囲気で初めて弁護士に相談する方でも、気軽に安心して相談できる法律事務所です。
任意整理、自己破産、過払い金請求のご相談まで借金に関する様々な問題を解決してきた実績があり高い評価を受けています。
24時間365日無料で相談を受け付けていますので、まずは気軽に相談してみることをオススメします。

 

樋口総合法律事務所
●全国24時間365日相談無料
●初期費用無料、費用の分割・後払いOK
●月600件以上の相談実績
●即日催促をストップすることができます
●女性弁護士も在籍しているので女性の方でも安心です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

樋口総合法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

豊富な経験と実績! ベルマン法務事務所

借金がなかなか減らない方、1年以上経っても完済できない方、夫や妻に内緒で借金をしている方、多重債務でお困りの方は、ベルマン法務事務所に相談するのがおすすめです!
ベルマン法務事務所は、数ある法律事務所の中でも、債務整理に強く今最も注目されている事務所です。
あなたの借金内容を検証し、最も有効な債務整理の方法をスピーディーに提案してくれます。
もちろん借金の相談は24時間365日全国無料で、相談は何度でもOKです。

 

point_bellman
●3つの安心。相談無料、24時間受付、全国対応
●初期費用無料、着手金の分割・後払いOK
●秘密厳守!誰にも内緒で解決できます
●最短1日で取り立てをストップすることができます
●女性担当者も在籍しているので女性の方も安心です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

ベルマン法務事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

女性のための借金相談窓口! 債務Lady

債務Lady(レディ)は女性のための借金相談窓口です。
夫や友人に借金問題を知られずに解決したい女性とって非常に心強いサービスです。
スタッフも全員女性で秘密も厳守。安心して相談できます。
もちろん相談は無料です。

 

債務Lady
●女性スタッフが対応するので安心です
●着手金なし!お手持ちがなくても安心です
●24時間全国無料で電話やメールで相談できます
●秘密厳守!夫や友人に絶対にバレません
●最短即日で督促をストップしてくれます
●過払い金請求の相談もOK

 

 

債務Ladyで借金の無料相談はこちら!▼

 

相談実績15000件以上! Salute(サルート)法律事務所

弁護士法人RESTA(リスタ)法律事務所は、2015年12月より弁護士法人Salute(サルート)法律事務所に事務所名が変更になりました。

 
元「Salute(サルート)法律事務所」の弁護士歴39年の水野正晴弁護士が新たに加わり、債務整理の解決力がいっそう強力になりました。
「今すぐ債務整理をしたい!」「実績と経験が豊富な先生に依頼したい!」という方は、ぜひ一度相談してください。粘り強い交渉で出来る限り有利な条件で和解交渉を締結してくれます。
親切・丁寧に対応してくれるので、初めての方も安心です。
もちろん365日24時間全国無料で相談出来ます。

 

サルート法律事務所
●債務整理の経験・実績が豊富な弁護士が多数在籍
●初期費用0円!相談は何回でも無料です
●即日対応可能!すぐに取り立てがストップします
●365日24時間全国無料で電話やメールからの相談を受け付けています
●家族・友人・婚約者に内緒で借金整理が可能です
●着手金の分割払いも可能です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

サルート法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

まずは借金相談シミュレーターで簡単無料相談! 街角法律相談所

いきなり専門家に相談するのは不安で怖い、借金問題を解決したいけどどこに相談していいか分からない、そんな方にオススメなのが街角法律相談所です。
街角法律相談所の「匿名・無料の借金解決診断シミュレーター」を使えば、3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかがわかります。
また、全国の法律事務所からあなたにピッタリの法律事務所を見つけてくれます。
もちろん全国対応で、相談内容に応じた弁護士を紹介してもらえます。

 

街角法律相談所
●毎月3000~8000人が利用
●解決実績15000件、解決率は80%!
●匿名・無料で利用できます
●365日24時間全国無料で相談を受け付けています
●債務整理に強い最寄りの事務所を教えてくれます
●過払い金請求の相談もOK

 

 

街角法律相談所で借金の無料相談はこちら!▼

 
 
 

年々、奨学金の返済ができない人が増えています。
その理由として不況による雇用の悪化や学費の高騰などがあげられます。実際に、奨学金が返済できずに自己破産するケースも珍しくありません。しかし、たとえ自己破産しても借りた奨学金がチャラになるわけではなく、その請求は借りた本人の代わりに連帯保証人に支払い義務が移るだけなのです。

 

最近、40代の男性が奨学金が払えず自己破産したことが話題になりました。
北九州市に住むこの男性は、高校、大学時代に借りた奨学金を返済できないとして、福岡地裁小倉支部で自己破産の手続き開始決定を受けた事が分かりました。

 

彼には約280万円の奨学金返済義務がありましたが、大学時代に精神疾患を患ったことから大学卒業後に就職できず、約9万円を支払っただけで滞納してしまいました。
アルバイトで生計を立てる生活で返済期間の猶予も受けたのですが返済が出来ませんでした。

このように奨学金の返済ができなくなれば自己破産するしかないのでしょうか。

 

奨学金を利用する学生の数は100万人以上

奨学金とは家庭の事情で経済的に余裕がなく進学が難しい学生を対象に、国やその他の育英組織から学費の一部を借りて進学を実現するための制度です。

 

奨学金には公的な制度と民間の制度があり、さらに貸与型と給付型の2種類に分けられます。このうち誰もが給付型を望むのですが、残念ながら日本の奨学金のほとんどが貸与型の奨学金となっています。
貸与型の奨学金は卒業後に利子をつけて返済していくことになります。

 

奨学金の中で最も代表的な組織が日本学生支援機構の奨学金です。
日本学生支援機構の奨学金の利用者と予算額は年々増加しており、平成18年度には利用者が100万人を突破しました。
現在、大学生の2人に1人が日本学生支援機構の奨学金を利用していると言われています。

 

しかしながら先に書いたように、卒業後に安定した仕事に就けないことや、学費の高騰で借入額が多くなっているという理由で奨学金の支払いが出来ない若者が増加しているのです。

 

奨学金を利用することは卒業と同時に借金を背負う事です

大学4年間で必要な学費のトータルは一体いどのぐらい必要になると思いますか?
一番安い国公立大学でも自宅から通う場合、費用は4年間で約800万円
さらに私立の文系や理系だと約1000万円医師系になると約3000万円にもなります。
つまり卒業と同時にこれだけの額の借金を背負うことになるのです。
例えば借入金額が800万円の場合、0.5%の金利では返済総額はおよそ840万円。卒業後に20年かけて返済していく場合、毎月35000円を支払う計算になります。

 

在学中はあまり奨学金の事を意識することはないと思いますが、卒業後に働き出したらすぐに奨学金の返済が始まるので、この時になって初めてその返済額の大きさに驚いてしまうのです。

社会人1年目の若者にとって、少ない給料の中から毎月これだけの額を支払っていくことは大変厳しいことと思います。

 

奨学金の返還の猶予・減額・免除を申請してもほとんど認められません

日本学生支援機構の奨学金には、返済が困難な場合に利用できる返還の猶予・減額・免除の制度がありますが、はっきり言って形だけのもので、とても条件が厳しく認めないことがほとんどです。
それどころか奨学金の支払いを滞納すると、まず本人と連帯保証人に電話による支払い督促一括繰り上げ請求がきます。
さらに延滞が続くと、執拗な取り立てや差し押さえに加え、なんとブラックリストに登録されてしまうのです。また延滞し続けることで年10%もの延滞金が課せられ、放っておけばどんどん返済額は膨らんでいきます。

 

奨学金が支払えなくなると連帯保証人が支払い義務を負うことになります

奨学金を受け取るには連帯保証人が必要で、ほとんどの場合、申請時に家族や親せきが連帯保証人になっています。
もし奨学金が支払えなくなると残額の請求は、その連帯保証人に行きます。
借りていた方の支払い義務はなくなりますが、連帯保証人が代わりに奨学金を返済しなければならなくなります。

 

「保証人に迷惑がかかるから」と債務整理を躊躇する人もいますが、そのまま放置していると延滞金が膨らみ、より大きな迷惑を連帯保証人にかけることになってしまいます。

 

延滞を繰り返し支払えなくなった時は個人再生を検討しましょう

日本学生支援機構は、延滞金の減額や免除には全くと言っていいほど応じません。
奨学金の返済ができない状況に追い込まれそうな時は、個人再生という法的整理を検討してみてはどうでしょうか。

 

個人再生は借金の額が大きく任意整理では解決できない、でも自己破産は避けたいという場合に利用される手続です。
個人再生のメリットは借金を大幅に減額(最大5分の1まで圧縮)し、その残りを原則5年の分割払いで返済していくことができます。

 

個人再生のデメリットは主にこの3つです。
1.ブラックリストに載る
2.今後5年から10年の間は新たな借り入れやクレジットカードが作れなくなる
3.国が発行している官報に氏名・住所が記載される

 

自己破産は申し立てて免責が認められれば借りた奨学金がチャラになるので、一見ベストな選択のように思われますが、支払い義務が連帯保証人に移るだけなので、日本学生支援機構はきっちりとそこから取り立てを行います。
もしも連帯保証人も事情があって支払えないとなると、場合によってはその保証人も債務整理をしなければいけない状況になるかも知れません。
そういうことから連帯保証人に心配や迷惑をかけたくないのであれば自己破産は避けた方が良いでしょう。

 

債務整理は法律のプロに依頼することが一番の解決方法です

借金問題で一番気を付けなければならないことは、一人で悩んで時間がどんどん過ぎて行き、気が付けば身動きが取れない状況に追い込まれてしまうことです。
そうなる前に早く司法書士や弁護士に相談してください。
相談費用の心配をされる方も多くいますが、無料で相談を受け付けている所も多くあります。また24時間365日全国無料で相談を受け付けているので、誰にも知られずに電話して相談することも出来ます。

 

債務整理をするならこの4つの事務所がおすすめです!

No.1の実績と高い評価! 樋口総合法律事務所

様々な借金問題を解決してきた実績と高い評価で確実に借金問題を解決します!【全国相談無料】

 

樋口総合法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

豊富な経験と実績! ベルマン法務事務所

債務整理に強く最も有効な債務整理の方法でスピーディーに借金問題を解決します!【全国相談無料】

 

ベルマン法務事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

女性のための借金相談窓口! 債務Lady

女性のための借金相談窓口はこちら!
スタッフも全員女性で安心して相談出来ます!【全国相談無料】

 

債務Ladyで借金の無料相談はこちら!▼

 

相談実績15000件以上! Salute(サルート)法律事務所

実績と経験が豊富な先生に依頼したいならサルート法律事務所です!
粘り強い交渉には定評があり、借金問題を有利に解決してくれます!【全国相談無料】

 

サルート法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

まずは借金相談シミュレーターで簡単無料相談! 街角法律相談所

当サイトから最もよく利用されているのが、この街角法律相談所です!
無料の借金相談シミュレーターは匿名で利用できるので、いきなり専門家に相談するのは気が引けるという方は、気軽に相談してみましょう!【全国相談無料】

 

街角法律相談所で借金の無料相談はこちら!▼

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る