債務整理 費用

債務整理の種類と費用とその後

借金が払えない!借金を払わず延滞し続けるとどうなる!?

読了までの目安時間:約 21分

 

借金問題の解決に強い法律事務所をお探しですか?

借金問題は必ず解決できます!

ですが個人で借金問題を解決するには専門知識と時間が必要になり大変困難です。
ここはやはり法律のプロである司法書士や弁護士に相談することが解決への近道です。
借金で身動きが取れなくなってしまう前に、まずはプロに相談してみませんか?

 

借金は一人で悩まず債務整理のプロに相談しましょう!

No.1の実績と高い評価! 樋口総合法律事務所

借金問題を確実に早く解決するなら樋口総合法律事務所に相談を!
アットホームな雰囲気で初めて弁護士に相談する方でも、気軽に安心して相談できる法律事務所です。
任意整理、自己破産、過払い金請求のご相談まで借金に関する様々な問題を解決してきた実績があり高い評価を受けています。
24時間365日無料で相談を受け付けていますので、まずは気軽に相談してみることをオススメします。

 

樋口総合法律事務所
●全国24時間365日相談無料
●初期費用無料、費用の分割・後払いOK
●月600件以上の相談実績
●即日催促をストップすることができます
●女性弁護士も在籍しているので女性の方でも安心です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

樋口総合法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

豊富な経験と実績! ベルマン法務事務所

借金がなかなか減らない方、1年以上経っても完済できない方、夫や妻に内緒で借金をしている方、多重債務でお困りの方は、ベルマン法務事務所に相談するのがおすすめです!
ベルマン法務事務所は、数ある法律事務所の中でも、債務整理に強く今最も注目されている事務所です。
あなたの借金内容を検証し、最も有効な債務整理の方法をスピーディーに提案してくれます。
もちろん借金の相談は24時間365日全国無料で、相談は何度でもOKです。

 

point_bellman
●3つの安心。相談無料、24時間受付、全国対応
●初期費用無料、着手金の分割・後払いOK
●秘密厳守!誰にも内緒で解決できます
●最短1日で取り立てをストップすることができます
●女性担当者も在籍しているので女性の方も安心です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

ベルマン法務事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

女性のための借金相談窓口! 債務Lady

債務Lady(レディ)は女性のための借金相談窓口です。
夫や友人に借金問題を知られずに解決したい女性とって非常に心強いサービスです。
スタッフも全員女性で秘密も厳守。安心して相談できます。
もちろん相談は無料です。

 

債務Lady
●女性スタッフが対応するので安心です
●着手金なし!お手持ちがなくても安心です
●24時間全国無料で電話やメールで相談できます
●秘密厳守!夫や友人に絶対にバレません
●最短即日で督促をストップしてくれます
●過払い金請求の相談もOK

 

 

債務Ladyで借金の無料相談はこちら!▼

 

相談実績15000件以上! Salute(サルート)法律事務所

弁護士法人RESTA(リスタ)法律事務所は、2015年12月より弁護士法人Salute法律事務所に事務所名が変更になりました。

 
元「Salute(サルート)法律事務所」の弁護士歴39年の水野弁護士が新たに加わり、債務整理の解決力がいっそう強力になりました。
「今すぐ債務整理をしたい!」「実績と経験が豊富な先生に依頼したい!」という方は、ぜひ一度相談してください。粘り強い交渉で出来る限り有利な条件で和解交渉を締結してくれます。
親切・丁寧に対応してくれるので、初めての方も安心です。
もちろん365日24時間全国無料で相談出来ます。

 

サルート法律事務所
●債務整理の経験・実績が豊富な弁護士が多数在籍
●初期費用0円!相談は何回でも無料です
●即日対応可能!すぐに取り立てがストップします
●365日24時間全国無料で電話やメールからの相談を受け付けています
●家族・友人・婚約者に内緒で借金整理が可能です
●着手金の分割払いも可能です
●過払い金請求の相談もOK

 

 

サルート法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

まずは借金相談シミュレーターで簡単無料相談! 街角法律相談所

いきなり専門家に相談するのは不安で怖い、借金問題を解決したいけどどこに相談していいか分からない、そんな方にオススメなのが街角法律相談所です。
街角法律相談所の「匿名・無料の借金解決診断シミュレーター」を使えば、3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかがわかります。
また、全国の法律事務所からあなたにピッタリの法律事務所を見つけてくれます。
もちろん全国対応で、相談内容に応じた弁護士を紹介してもらえます。

 

街角法律相談所
●毎月3000~8000人が利用
●解決実績15000件、解決率は80%!
●匿名・無料で利用できます
●365日24時間全国無料で相談を受け付けています
●債務整理に強い最寄りの事務所を教えてくれます
●過払い金請求の相談もOK

 

 

街角法律相談所で借金の無料相談はこちら!▼

 

借金の返済を滞納するとどうなるの?

毎月の返済日が近づくたびに頭を悩ませる借金の返済。
もし借金の返済をせずに滞納しそのままずっと放置し続けた場合はどうなるのでしょうか。
皆さんご存知かと思いますが、ある日突然「督促状」が送られてきます。
督促状とは文字通り「早く借金を払え!」という文書です。言葉は知っていても実際に見た方は少ないと思いますので、今回それを原文のまま紹介したいと思います。

 

その前に督促状について少し説明したいと思います。
借金を滞納したからといって、すぐに督促状が送られてくるわけではありません。
まず借金を滞納するとすぐに金融機関から電話がかかってきます。借金を滞納した理由や返済可能な日を聞かれるので、ここは慌てずなぜ滞納してしまったのか正直に答えましょう。
それでも結局、借金が返済できないまま1か月が経過すると、いよいよ文書による“督促状”が届くようになります。

 

支払い予定日に返済が出来ないとすぐにかかってくる督促電話。
それでも支払えずにいると家に届く督促状。
こんな電話や文書が届けば家族にバレるのはもちろん日々の生活に影響が出てしまうかも知れません。あるいは、たとえ借金を返済したい気持ちがあっても精神的に追い詰められ体調を崩してしまうかもしれません。もし病気にでもなれば状況は悪化する一方です。

現在、借金の返済が出来ずに「このままだと滞納してしまう!」と怯えている方もおられると思います。
実はあまり知られていないのですが、督促はある一定のラインまでなら無視できるんです。

 

どこまでのラインになったら返済したほうが良いのかを解説

借金を滞納し続けるとやがてしつこい督促状が届くようになります。
先ほど“ある一定のラインまでなら無視しても大丈夫”と書きましたが、それはどこなのでしょうか。借り手側のメリットを優先して説明してみましょう。

借金をすれば毎月必ず支払日がやって来ます。ここで1か月間、支払いを滞納した時に届く督促状の一例をご紹介します。

 

[通知書]
弊社が貴方の対して有する下記の債権につき、本日迄お支払いがありません。
つきましては下記お支払期限内にご請求金額をご契約のお口座にご入金ください。
尚お支払いがない場合には、ローンの残高を一括でお支払いいただくことになります。
以上、通告申し上げます。
~以下請求金額の表示~

 

一言でいうと「早く今月分の借金を払え。もし出来なければ一括で返すハメになるぞ」と書いています。
でもちょっと待ってください。1か月分の借金を返済できない人が残りの残高を一括で返済できるはずもありません。
そうです、これはただの“脅し”です。
金融機関は無謀な一括返済を要求しても、債権者が一括で返済出来る能力がないことは十分承知しています。またそれが原因で債権者とトラブルに繋がることも避けようとしますので、ここは何とかがんばって1か月分の返済額を工面して返済すれば問題はありません。

 

では1か月以上、支払いを滞納した場合はどうなるのでしょうか。
2か月間支払いを滞納した時に届く督促状がこちらです。

 

[通知書]
弊社が貴方の対して有する下記の債権につき、本日迄お支払いがありません。
つきましてはかねてから通告致しました通り、リボルビング及び分割払いによる利用代金の総残高、各種ローンのご利用がある場合にはローン残高を一括にてご請求させていただきます。
貴方の氏名、及び延滞の状況等を弊社が加盟する信用情報機関へ登録すると共に貴方に対する債権を法的手続きをもってご請求させて頂きますことをあらかじめご承知ください。
ただし、お支払期間内に下記債権を完済いただければ上記手続きを回避させて頂きます。
以上本書面をもちまして通告させていただきます。

 

どうでしょうか。1か月目に届く督促状よりぐっと本格的な内容になっています。
“一括して支払え”というのは前回と同じ文句ですが、今回は新たに“信用情報機関”、“法的手続き”という言葉が出てきます。
さすがにこれには多くの人は見た瞬間、動揺しまうのでないでしょうか。

 

ここで一番注目したいのが“貴方の氏名、及び延滞の状況等を弊社が加盟する信用情報機関へ登録する”という部分です。
債権者にとってはこれが非常にマズのです。

 

信用情報機関へ登録される、つまりブラックリストに載るということです。
ブラックリストは各金融機関の間で共有されますから、一度それに載ってしまうと延滞した借金を完済するまで、今後新たに消費者金融などの金融機関で借り入れ等出来なくなるほか、クレジットカードも作れなくなります。
一般的にブラックリストに名前が載るのは3か月支払いを延滞した場合と言われています。
また延滞した債権を完済したとしても、その後1年間は延滞した事実からその解消時期の一連の流れが信用情報機関にしっかりと記録されてしまいます。

 

その後、もしある理由で別の金融機関から借金する必要になった場合、過去に一度でも借金返済を延滞してブラックリストに載ったという記録があれば、信用度は低いので当然審査する側も敬遠して貸してくれる確率は下がります。中には本当に稀ですがお金を貸してくれる金融機関があるかもしれません。しかし希望は薄いと思ってください。

 

以上のことから、借金をいつまで滞納してもいいのか、いつからが危険なのかというデッドラインは3か月だと言えます。
少し余裕を持って2か月半。これが返済するギリギリのタイミングです。
ここまでになんとか借金を支払うことが出来れば信用情報機関に載ることは免れます。

 

突然のリストラ、あるいは大きな病気など様々な理由で借金を返済出来ない方がいます。
その中には新たに借金をしたりクレジットカードのキャッシングといった借金を借金で返すような自転車操業をして、現在はなんとかやりくりしている方もいるかも知れません。本当はこんなことを繰り返していては、いつまでたっても借金完済は遠のくばかりなので決してオススメはしませんが、もし借金の返済が出来ずにブラックリストに載ってしまうと自転車操業さえも出来なくなります。

 

いつがデッドライン?滞納期間がわからなくなったら問い合わせを

あなたは現在ある借金がいつ借りて、いつから滞納してしまっているかきちんと把握出来ていますか?もし分からないという場合は電話で問い合わせてみることをオススメします。
各金融機関には利用者からの問い合わせに回答するサポートセンターなるものが設置されいますので、気軽に電話をして分からないことを質問しましょう。
この時必ず聞いておくべきことは、何月何日が最終期日であるかということです。
この期日こそ最後に支払わなかった返済日から3か月後の日付けとなります。
重要な日付なので必ずメモを取って忘れないようにしましょう。

 

無理矢理にでも返済のためのお金を作り出す方法

本当はきちんと借金を返済したいが生活するのにいっぱいでそんな余裕がない、しかしこれ以上新たに借金もしたくないという方は一体どうすればいいのでしょうか。
お金を工面する方法はいくつかありますのでご紹介します。

 

まず手元にある所持品の中でお金になりそうな物を売却する方法です。
貴金属などの宝石類をはじめ、洋服、パソコン、テレビなどの家電製品、CD/DVDや本、趣味で集めたものなど家の中を探せばいくつか見つかるはずです。
お気に入りの宝石や洋服など手放すのは惜しいかもしれませんが、借金を払えなくなってブラックリストに載ってしまうよりはるかにマシです。なくなっても一時的に不便になるだけで生活する為に必ず必要ではありませんので、惜しくなる前にさっさと売ってしまいましょう。
インターネットオークションを利用して売るのも1つの方法です。オークションなら想定以上の価格で落札されるかもしれません。
もし頼れる友人や家族がいれば3か月分の返済金額を一時的に借りることも出来るかも知れません。
予め3か月分の返済金額を手元に用意しておけさえすれば、この先もし支払いがピンチになっても最大3か月間は滞納が可能なので、信用情報機関に載る前にその間に他の金融機関から新たにお金を借りるという荒業もあります。

 

本来借金は計画通り返済していけば必ず完済できるものです。
しかしこのご時世、人生に何が起きるのか誰にも分かりません。急なリストラや大病など予想外の出来事が起こればたちまち返済計画が崩れて、あなたの生活を苦しめる存在になってしまいます。
そんな状況に陥った時に、いつまでなら借金を滞納しても大丈夫かということを知っているのと知らないのでは、その後の取るべき行動が大きく違ってきます。

 

借金問題で頭をかかえた時こそ法律事務所に頼る!

返済日に支払えなくて滞納してしまった、来月支払うお金がない、など一度借金で問題を抱えてしまうと、宝くじが当たるなどよほどラッキーな事が起きない限り一人で解決することは出来ません。
借金が返せないという恥ずかしい思いから誰にも相談出来ず、ただただ悩む日々を過ごしている、そんな方もいるかも知れません。

 

こういう時こそ司法書士や弁護士に相談するべきです。
彼らは借金問題や債務整理、つまりお金のプロフェッショナルです。
借金問題で困っている人のために解決できる方法を真剣に考えてくれます。

司法書士や弁護士というと何か身構えてしまうかもしれませんが、そんな必要はないのでまずは気軽に相談してみましょう。
司法書士や弁護士事務所が近所にない、または直接行って話をするのが苦手という方なら、電話やメールで無料相談を受け付けている事務所もたくさんあります。

 

その中でもオススメなのが、はたの法律事務所です。
こちらなら365日受付していますので、空いている時間に気軽に相談出来ます。
また相談料金、着手金、初期費用も無料なのがオススメのポイントです。

実際に電話で相談してみたところ、時間をかけて借金問題抱えるまでに至った状況を聞いてくれてどうやって解決の方向へ持っていくのが一番ベストか、とても親身になって相談に乗ってくれました。相談することで少し気分が楽になり、落ち着いて借金問題に向き合うことが出来たと思います。
また、はたの法律時事務所は過払い請求にも精通していますので、過払い金でお悩みの方にもオススメです。

 

借金問題は状況も解決方法も人によって違います

借金の返済が難しくなれば頭が借金のことで一杯になって仕事が手につかなくなったり、安心して生活が出来なくなってしまいます。
多額の借金を抱えている人ほど冷静な判断が出来なくなります。
借金の額や収入は人それぞれです。
借金を整理するためには法的整理が必要なのか、あるいはこのまま誰にも相談せずに借金を返済していくのか、それもまた人によって選択が異なってきます。

 

借金が膨れ上がり債務整理をしなければいけない状況にあるのに、債務整理をせずに自転車操業で借金を返済していくのが正しい選択ではありません。また、がんばれば少しずつ返済出来るのに債務整理を選択するのも間違いです。

 

これ以上放っておけば深刻な状況に陥る可能性があれば債務整理を。
少しがんばれば返せる範囲であれば通常返済を。

 

自分の置かれている状況がはたしてどうなのか、どの選択肢がベストなのかは素人では判断できません。
ですのでまずは司法書士や弁護士に相談してください。
そうすれば必ず一番いい解決方法が見つかります。

 

債務整理をするならこの4つの事務所がオススメです。

No.1の実績と高い評価! 樋口総合法律事務所

様々な借金問題を解決してきた実績と高い評価で確実に借金問題を解決します!【全国相談無料】

 

樋口総合法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

豊富な経験と実績! ベルマン法務事務所

債務整理に強く最も有効な債務整理の方法でスピーディーに借金問題を解決します!【全国相談無料】

 

ベルマン法務事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

女性のための借金相談窓口! 債務Lady

女性のための借金相談窓口はこちら!
スタッフも全員女性で安心して相談出来ます!【全国相談無料】

 

債務Ladyで借金の無料相談はこちら!▼

 

相談実績15000件以上! Salute(サルート)法律事務所

実績と経験が豊富な先生に依頼したいならサルート法律事務所です!
粘り強い交渉には定評があり、借金問題を有利に解決してくれます!【全国相談無料】

 

サルート法律事務所で借金の無料相談はこちら!▼

 

まずは借金相談シミュレーターで簡単無料相談! 街角法律相談所

当サイトから最もよく利用されているのが、この街角法律相談所です!
無料の借金相談シミュレーターは匿名で利用できるので、いきなり専門家に相談するのは気が引けるという方は、気軽に相談してみましょう!【全国相談無料】

 

街角法律相談所で借金の無料相談はこちら!▼

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る